本陣ブログ

スーパーカミオカンデ。すごいんです!

宇宙素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」。

昨日のブログで登場した「スーパーカミオカンデ」ですが、ご存知の方も多いと思いますがかなり凄い装置なんです。

 

yjimage[8]

 

東京大学宇宙線研究所が運用する世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置です。

1996年に当館から車で30分ほどの距離にある神岡町の神岡鉱山内に設置され、稼動されました。当時のニュース番組や新聞などメディアに取り上げられていたことが思い出されます。

小柴昌俊東京大学名誉教授がノーベル賞受賞研究の元となったカミオカンデと同じ原理で、これが大きく高性能化されたものがスーパーカミオカンデです。

 

何を行うものかというと、ニュートリノの質量やそれらの混合行列に関する詳細な分析を、大気ニュートリノ、太陽ニュートリノ、人工ニュートリノなどを用いて研究しているのです。簡単に言うと、ニュートリノを観測するための装置です。ニュートリノとは素粒子のうちのひとつですが、申し訳ございませんが私には難しすぎてご説明が行き届きません。とにかく、壮大な宇宙の研究が神岡町で行われているということです。詳しく知りたい方は、ぜひ公式ホームページをご覧ください。

 

スーパーカミオカンデ公式ホームページはこちら★

(観光地ではございません。ご了承くださいませ。)

2016年8月11日その他