本陣ブログ

Categorys:料理

度々ですが~本陣よりお知らせ~

image11112

image1113 image11111

もうすぐハロウィンですね。館内にはスタッフ手作りの作品が展示されています。

ご来館の際には、見つけていただけたらうれしいです。

image1222

写真は奥飛騨温泉郷、平湯温泉にある「平湯大滝」です。

奥飛騨温泉郷の紅葉も少しづつはじまってきました。

 

度々ではございますが、皆様に奥飛騨薬師のゆ本陣からお知らせがございます。

当館のスタンダードな会席の一品である飛騨牛料理が11月1日より、「飛騨牛ステーキ」から「飛騨牛温泉せいろ蒸し」に変わります。

※宿泊プランによっては、飛騨牛がつかないものもございます。又、宿泊プランにより飛騨牛料理が異なる場合がございます。ご予約の際はプラン詳細をご確認の上、ご予約くださいませ。

詳しく確認をされたいお客様は、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

「飛騨牛温泉せいろ蒸し」は、当館名物料理です。

sec3_01[1](※写真はイメージです)

自家源泉の薬師温泉で飛騨牛を蒸したお料理で、蒸した飛騨牛はとてもやわらかく、寒い冬にぴったりの一品です。

スタンダードなお料理としては、冬季限定のご提供を予定しております。

今冬はぜひ、飛騨牛温泉せいろ蒸しを食す旅へ奥飛騨薬師のゆ本陣へお出かけください。

 

【奥様・彼女半額】ご夫婦・カップルプラン 《かわいい色浴衣付き》 宿泊プランはこちら★

【あわび温泉せいろ蒸し&飛騨牛付】  自家源泉の薬師温泉で蒸して味わうのが自慢!宿泊プランはこちら★

【1泊朝食付】 薬師温泉を使ったあつあつ温泉湯豆腐が人気♪囲炉裏風お食事処で和定食宿泊プランはこちら★

2017年10月23日料理

~本陣よりお知らせ~

image1

秋はお祭りの季節ですね。

奥飛騨温泉郷も小さな集落ごとに地元に根付く昔ながらのお祭りが行われました。

山々は標高の高いところから少しづつ紅葉もはじまり…すっかり秋です。

ここで皆様に奥飛騨薬師のゆ本陣からお知らせがございます。

当館のスタンダードな会席の一品である飛騨牛料理が11月1日より、「飛騨牛ステーキ」から「飛騨牛温泉せいろ蒸し」に変わります。

※宿泊プランによっては、飛騨牛がつかないものもございます。又、宿泊プランにより飛騨牛料理が異なる場合がございます。ご予約の際はプラン詳細をご確認の上、ご予約くださいませ。

詳しく確認をされたいお客様は、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

「飛騨牛温泉せいろ蒸し」は、当館名物料理です。

sec3_01[1](※写真はイメージです)

自家源泉の薬師温泉で飛騨牛を蒸したお料理で、蒸した飛騨牛はとてもやわらかく、寒い冬にぴったりの一品です。

スタンダードなお料理としては、冬季限定のご提供を予定しております。

今冬はぜひ、飛騨牛温泉せいろ蒸しを食す旅へ奥飛騨薬師のゆ本陣へお出かけください。

 

【個室食事処お約束】&【貸切温泉無料】ご夫婦・カップル・ファミリー大満足♪プランはこちら★

【あわび温泉せいろ蒸し&飛騨牛付】  自家源泉の薬師温泉で蒸して味わうのが自慢!プランはこちら★

【早割30】☆2,000円オフ☆30日前の早期ご予約で飛騨牛も付いてとってもお得&特典付♪プランはこちら★

 

 

2017年10月10日料理

郷土料理「朴葉味噌焼き」

海が接していない県、岐阜県の北部に位置する飛騨地方は、冬は雪深く、保存の利く郷土料理が多く作られてきました。そのひとつが「朴葉味噌焼き」です。飛騨地方の旅館では、朝食に頻繁に提供される、飛騨の名物料理です。

meals_051

枯朴葉の上に味噌を置いて焼くというシンプルな料理ですが、自家製の味噌を使い、作る人によって異なる食材・調味料の調合により出来上がる味噌は、奥深い味と朴葉の香ばしい風味と重なり、絶妙な一品となります。朝食の白飯のお供に最適で、また食べたくなる癖になる味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

当館でも、ご朝食の一品として「朴葉味噌焼き」をご用意しております。これもまた飛騨の名物「こもどうふ」を添え、自家製味噌には料理長独自の調味料などを調合しました。

2016%e5%86%ac%e3%80%80%e5%81%a5%e5%ba%b7%e6%9c%9d%e9%a3%9f

ご夕食の際には、お食事処にて別注料理としてアレンジされた朴葉味噌焼きをご注文していただくことができます。

sec3_09

 

飛騨の郷土料理を、ごゆっくりお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬はゆっくり温泉旅行♪連泊割引宿泊プランはこちら★

お得に冬旅をお探しのお客様に最適!直前割宿泊プランはこちら★

ちょっと贅沢に飛騨牛を2品ステーキとすき焼きで味わう宿泊プランはこちら★

2016年11月29日料理

漬物ステーキをご存知ですか?

飛騨には郷土料理がいくつかあります。

その中のひとつ、漬物ステーキのご紹介です。

 

0006034680E4_740x555y[1]

漬物ステーキは飛騨の家庭料理なので、ごく普通に食されています。

飛騨では雪国の長い冬を越すために、保存食として作られる白菜漬。それをアレンジして食事の一品にするという、先人の知恵から生まれた漬物ステーキ。

白菜漬は、一般的な浅漬けではありません。

じっくり熟成して独特の酸味と深みがあるので、そのまま食べることもありますが、漬物ステーキの様に調理して食べることが多い様に思われます。

 

 

 

調理方法は簡単♪

フライパンで白菜漬を少し焦げ目がつくまで炒め、そこへ溶き卵を流しいれるだけ。

白菜漬の強い酸味がコクに変わり、香ばしくまろやかでいて、シャキシャキとした食感が楽しめます。

絶妙な一品は、素朴なのにまた食べたくなる癖になる味です。

秋の終わり頃、おばあちゃんが畑でとれた沢山の白菜とかぶで白菜漬を大きな樽にいくつも漬けるのを、一緒にお手伝いしたことを懐かしく思います。

飛騨の人々にとっても、大切な郷土料理ですね。

 

当館お食事処にて、別注料理としてご提供しております。

総料理長オリジナルレシピの漬物ステーキです。

ご宿泊の際は、ぜひ飛騨の郷土料理をお楽しみください♪

 

例年通りの気候であれば乗鞍スカイラインの紅葉が楽しめる♪9月下旬のお得な宿泊プランはこちら★

 

 

2016年8月18日料理 ,館内サービス

飛騨牛とは?

飛騨へ来たなら必ず食べたい「飛騨牛」についてご紹介します。

肉質がきめ細やかでやわらかく、霜降りの脂がとろけるような甘みの上質な黒毛和牛です。

岐阜県の清流と豊かな大自然で育つ飛騨牛は、優れた技術を持つ職人の手により安心・安全につくられた逸品。

過去に行われた全国和牛能力共進会においては、数回、最優秀技肉賞を受賞。

本陣料理 飛騨牛ステーキ50単品

幾つかの飛騨牛の定義をクリアした場合のみ、飛騨牛となります。厳選された証として、飛騨牛と認定した場合には飛騨牛表示ラベルが交付されます。

 

当館は、料理長が厳選した仕入先から飛騨牛を仕入れています。飛騨牛には肉質の等級があり、5等級が最上ランクなのですが、とても霜降りがすばらしいため、会席一品一品をすべておいしくお召し上がり頂くには脂が多く思われます。そのため、当館では3~4等級をご提供しております。肉質はやわらかいまま、ちょうど良い霜降りは絶品です。

 

基本的な宿泊プランは、ご夕食に飛騨牛ステーキをご用意しております。飛騨牛がつかない宿泊プランの場合や、もう少し飛騨牛が食べたい!という場合でも、お食事処にて別注料理として100グラムからご注文いただけます。また、飛騨牛ステーキと共に飛騨牛温泉せいろ蒸や飛騨牛すき焼き、飛騨牛しゃぶしゃぶが食べられるスペシャルプランもお勧めです♪

奥飛騨へお越しの際は、ぜひ、名物飛騨牛をお召し上がりください。

 

ご夕食に飛騨牛ステーキがつく基本的なプランはこちら☆

ご夕食に飛騨牛が2品つくスペシャルプランはこちら☆

2016年8月3日料理