大学生キャバクラ

大学生の頃のキャバクラ体験は人生勉強になりました!

学生の頃のキャバクラ体験は人生勉強にもなりました、

今は30代になった子供のいる主婦ですが、若くて学生の頃に岐阜から名古屋へ出て大学へ通学中に副業というかアルバイトをしていました。

田舎から都会へ出てきてアパートなどを狩りて一人で生活していると案外とお金がかかるものでした。まして女性なので男性とは違った意味で、親からも最低限の仕送りはしてもらったとしても、更に余計にお金が掛かってしまうことをつくづく身にしみました。

そんな事で友人とも相談しながら女だけの特権とでも言いますか、夜のお仕事の体験してみたのです。

仕事の切っ掛けは、アルバイトの情報を載せているネットサイトで、内容は容姿に自信のある女性は高給が取れるキャバクラのお仕事があるとのことで応募してみたのです。

初めは風俗の仕事も考えたのですが、それには当てはまらないキャバクラを選んだのです。

基本的にはキャバクラというのは性的なサービスのイメージが有りますが、全く風俗の部類には入らず、勿論、男性への性的な事は禁止されておるのです。

即ち、キャバクラの仕事というのは、昔のキャバレーとかクラブの延長線にあるようで、主に男性客を相手にキャバ嬢が隣に座り、お話をしながらお酒の注文を聞いたり、飲みながらオモテナシというか一種の接待するわけです。

料金に関してはお店によっても色々でしょうがシステム料金というのが一般的なようで、料金は時間制のセット料金であり、他には指名料とか店によってはテーブルチャージの他に税金やサービス料金も含まれています。

ところで、私も含めてですが、最近の若い女の子の憧れるといわれるキャバクラ嬢の仕事は、高収入を求めて気軽に夜の仕事、夜の世界に飛び込む女性が多いようでねす。

キャバクラのコンパニオンの仕事の求人広告や募集のサイトには、未経験者、ノルマ無し、高収入、そしてアットホームなお店、そして、女の子だからお酒が飲めなくても大丈夫等と書いてあります。

確かに、最近のクラブやキャバクラは、何となく華やかなイメージがあり、若い女の子が憧れる仕事になっているようです。

素敵で綺麗なドレスを身にまとい、男性のお客様さん楽しくお話をしながらお酒をチョットたしなむだけで、高いお給料が貰えるというのは魅力でも有ります。

実際、私がこのキャバクラでバイトとしての仕事で稼いだお給料は、出勤が週3から4日の場合でも平均30から40万円もあり、普通のバイトと比べれば可成りの額になるのも確かです。

未経験の私でもコンパニオンとして体入を経験しながら求人に応募したことは始めは心配な面もありましたが、何とかこなしているのが実情です。

このように高額なお給料が取れるお仕事というのは、どうしても夜の仕事になりますが中でも風俗関係が非常に多かったです。

一時はヘルス関係の風俗の仕事も考えたのですが、いきなり風俗というのは余り自信がありませんでした。 従って、セクシュアルな風俗関係とはチョット異なるお店といえば、やはり、キャバクラ風かクラブのような水商売のバイトになってしまいます。

実際の仕事の内容はといえば、やはりお客さん、特に男性客とコミニケーションが取れるかが一番であり、お客さんの横に座ってお酒の注文やお客の話を聞いたりして、所謂、それ相当のオモテナシをしてやることですね。

又、お客さんに要求されるアフターと言われるものは、あくまでもバイトですから自由意志でいいとも言われておりました。
何れにしてもキャバクラのバイトは華やかで良かったし、勿論、希望した相当金額も戴けたので今では満足しております。

実はキャバクラのお仕事の中にはアフターという特殊な制度があります。

お客と店外でデートをしたり、店の閉店後にキャバ嬢とお客で酒などを飲みに行ったり、好きなカラオケに行ったりするときもあります。このお仕事に関しては概ね2年間ぐらいでしたが、勿論、実家の家の者には内緒であり、稼げるばれない副業として仕事を貫きましたし、又、学生仲間やクラスの仲間にも絶対内緒であり、稼げるばれない副業としの仕事を貫きました。

ただ、この仕事をしていて自分もそうであり、周りの方からも「あなた、少し変わったみたいよ、何か明るくなったみたい」などと言われたこともありました。それはどうしてかというと、仕事上お客とどうしても会話をすることが主務になります。 従って、人と話すことが圧倒的な会話量になってしまうことです。

その会話の内容は男女のエッチな事柄から、最近のニュースで賑わす社会問題やややもすれば政治のことや安倍総理のアベノミクスなど極端に幅があることです。

内のベテランキャバ嬢などは毎日新聞や週刊誌を読むし、テレビも情報番組やニュース番組を観ると言っていました。

この仕事を長年やっていると人として大事な聴く力や共感する力、物怖じしない力量、それに目配りや気配りのオモテナシ等が自然と身につくことです。 私にとって稼げるばれない副業であるキャバクラの仕事は、人間勉強、教育の場所でもありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です